ダイエットをする際のコツ

ダイエットをする際のコツ

仕事が忙しい時期や、飲み会や旅行など、自己管理が難しくなるイベントが多い時期は避けたほうがよいでしょう。

ダイエットを始めるには、時間が自由になりやすい週末などにスタートしたほうが、新しい習慣が身につきやすくておすすめです。仕事など生活に多少余裕があって、続けやすいタイミングでスタートしましょう。

良いタイミングに始めてしばらく続けると、少しずつ成果が現れるはずです。そして、ダイエットになれてくると、カロリー制限のコツなどがわかってきます。そうやってコツがわかってくると、忙しい時期や、食べすぎてしまいそうなイベントがあっても、太らないように前後の食生活を節制するなど、管理しやすくなるでしょう。

一般的に、ダイエット中は体重を必ず測るべきだと言われています。ただ私は、毎日測ったほうがいいかは性格によると考えています。

体重の変化を冷静に受け止められるタイプの人は、毎日測って記録すると良いでしょう。「通勤時に余計に歩くとやせて、飲み会に出るとやはり太る」といった気づきが得られるようになれば、体重がコントロールしやすくなります。

逆に体重の変化に一喜一憂するタイプの人は、週1回くらいでOKです。こういう人が、毎日体重計に乗ると、体重が減れば「これくらい許されるだろう」とつまみ食いをしたり、体重が増えれば「やっぱりやせないんだ」と落ち込んで、ダイエットへのモチベーションが下がるからです。

特に減量を始めてすぐは体重に気を取られず、決めた目標をこなすことに集中してください。目的に集中して、やるべきことをこなしていくほうが、成果が出ます。

測る時間をそろえていれば、体重を量るのはいつでも大丈夫です。夜、お風呂の前に測るという人は、毎日その時間に測ってください。

なぜなら、体重は1日のうちでも1~2㎏は簡単に変わるものだからです。

体重は朝がいちばん軽く、夜になるといちばん重くなります。起きている間に飲んだり、食べたりしたものが体内にたまってくるからです。

月曜は朝に測り、火曜は夜に測ったとすると、2㎏以上体重が変化していても不思議はないのです。

また、便秘も体重の変動要因です。数日間、出ていないと、1㎏太ることもありますが、それは数字だけの話です。気にしないようにしましょう。

ダイエットが続かない言い訳をするときに、人間の脳は最もクリェイティヴになるという研究があります。それならば、そのダイエットをさぼってしまったり続けられなくなる言い訳を利用してダイエットを続けられるようにしましょう。

まずは、自分がダイエットを続けることができない理由を思いつく限り何個でもいいので紙に書いていきます。そして、それぞれの言い訳ごとに、代替となる案を予め考えておくのです。

たとえば、雨が降っているときは、外で運動するかわりに室内でお風呂掃除をする。断りづらい飲み会に誘われたときは、シメのご飯を食べないで、帰りはひと駅歩いて帰る。急な仕事で食事をとれず、夜にドカ食いをしてしまうときは、オフィスにいつも太りにくい間食を常備しておくなどです。

普段の生活がいつも習慣通りというわけではないでしょうから、言い訳のクリェイティヴィティを利用して、ダイエットが成功するための準備を徹底するのです。

前もって対策を練っておけば、ダイエットが続かなくなるということはなくなります。

ダイエットが続かなくなる理由の一つがストレスに耐えられないからというものです。そんな時は https://xn--b9j5a6fv81rqq1assd.com/ にストレスフリーでできるダイエット法が紹介されているので参考になります。

ダイエットをひとりでやるのが苦手な人は、友達や家族と一緒に始めてみましょう。ダイエットもグループで行うと続きやすいことがわかっています。

たとえば、駅伝やマラソンのような長距離の練習。駅伝のトップ選手たちは、毎月800キロからときには1000キロもの距離を走っています。

選手たちが死ぬほどツライ練習を続けることができる理由は、一人でやっているのではなくて、仲間と一緒に頑張っているためです。誰かと一緒だと「負けたくない」という気持ちも働きますし、「彼があれだけがんばっているのだから、自分もがんばろう」という気持ちにもなれます。

「行動のセルフモニタリング」も有効です。携帯のLINEやFacebookなどのSNSなどを利用して、互いに報告をしあうのも有効でしょう。みんなと一緒にダイエットをしているような感覚になり、続けようという気持ちも強くなることがわかっています。

 

コメントは受け付けていません。