適度な食事制限と運動を併用することで行っている健康管理

適度な食事制限と運動を併用することで行っている健康管理

私は普段から健康管理を心がけており、そのため食事制限と運動を常に併用して行っております。以前は食事制限のみで健康管理を行ってきたのですが、それではあまりにも体への負担が大きいと考え、食事制限は程ほどにしつつ、運動をすることとしたのです。

私は当初食事制限で食事さえある程度我慢すれば、健康管理ができると安直に考えておりました。そして春先から夏にかけて1日1食で夜のみ食べるといった生活を行っていたのです。しかしこの食生活は非常にストレスがたまる生活でした。

食べるものを抑制しており夜まで食べないことからお腹がすいた状態で晩御飯まで我慢するのです。そして晩御飯では我慢していたことからたくさんの量を一気に摂取したのでした。

もちろん、お腹は膨れて気持ちは満足するのですが、同時に体には大きな負担となっていたのです。例えば晩御飯を食べた後は胃薬が必要となっていたり、朝と昼を食べないため目眩がしたりと非常に良くない生活をしておりました。もちろん体重は減っていったため体が軽くなり健康にも感じていたのですが実際は良くない生活を過していたと思います。

私は自分の体調がおかしくなっていっていることに気づき、すぐさまどうすべきかを真剣に考えたのです。そして食事制限はほどほどにし、運動を取り入れることを考えました。

私は従来、運動をすることがいやで逃げており、その運動を回避すべく無理な食事制限を取り入れたのですが、これではだめだと考えたのです。
そして朝昼晩とご飯を食べるようにしました。但し、朝ごはんと昼ごはんはたくさん食べ、夜は19時までに食べ終えることと、ご飯の量を減らすことを決めました。

また運動としては食事後、30分程度歩くこととしたのです。この生活を継続することで私は自分なりの健康管理をすることとしました。これにより、以前ほどの体への負担は減っており自分らしく生活を送っております。

また、夜の運動と晩御飯での炭水化物を減らすことを取り入れることで体重も徐々に減ってきておりいろんな意味で管理ができるようになりました。

 

コメントは受け付けていません。